胃カメラでわかること

ここでは胃カメラ所見の一部をご紹介いたします。

食道の病変

normal1

食道下部 正常

normal2

食道下部 正常

gerd11

逆流性食道炎を認めます

barret21

バレット食道

ek11

早期食道がん(びらんを認めます)

ek21

左の部位にルゴール散布を行ったところ、不染帯を認めました。

胃の病変

normal11

正常粘膜

np4

正常粘膜

ato171

萎縮性胃炎(ピロリ菌による慢性胃炎)

gu11

(多発性)胃潰瘍

mk11

早期胃がん

mk21

左に酢酸インジゴカルミンを散布

mk51

胃がん

mk31

胃がん

十二指腸の病変

normal3

正常粘膜

du61

十二指腸潰瘍

du51

十二指腸潰瘍

du41

十二指腸潰瘍

そのほか

po11

ピロリ菌陽性の過形成性ポリープ

po5

左の状態からピロリ菌除菌を行ったところ、ポリープの著明な縮小がみられました

po21

ピロリ菌陽性過形成性ポリープ

fgp1

ピロリ菌陰性、胃底腺ポリープで特に治療は要しません

bo11

下部食道に魚骨が刺さっていました

bo2

→鉗子で除去成功しました

ani11

胃アニサキス症

ani211

→鉗子で回収に成功しました