経鼻内視鏡について

当院で胃カメラを受けられる患者様の約50%がこの方法を選択されます。

nasalendoscopy

長所としては、
①吐き気が少ないです(舌根部、舌の奥をカメラが押しつけないため)
②検査中に会話ができます
③検査終了後、すぐに仕事や運転ができます

短所としては、
①鼻のご病気(花粉症、鼻炎、副鼻腔炎、鼻ポリープなど)がある場合、カメラが鼻を通過できない場合があったり、検査後に鼻から出血する場合があります。(前者だと経口挿入に変更をしたり、後者の場合は鼻に止血剤を含ませたガーゼを挿入する処置を行ったりします)
②口からのカメラに比べ、鼻の麻酔や検査時間が少々長くかかり、やや煩雑です。
といったことがあげられます。

検査の不安や苦痛をできる限りなくせるよう心がけております。ささいなことでもお気軽にご相談ください。

 

 

胃カメラ検査のご予約、当日検査のお問い合わせ、お申し込みはお電話でも承ります。

TEL:0798-48-1171