鎮静(麻酔下)内視鏡について

当院開業以来、「麻酔で眠っている間に検査をしてほしい」とのご要望が多く、眠くなるお注射(鎮静剤:ドルミカム)を点滴注射し、(主に口から)胃カメラ検査を行うことができる態勢を整えております。当院で胃カメラを受けられる患者様の約50%がこの方法で行っています。

~~鎮静剤を用いる際の注意点~~

・軽く眠った状態を作りますので、その間血圧が低下したり、呼吸が浅くなり酸素吸入を必要とすることがあります。
全身状態をチェックしながら、慎重にすすめておりますが、特に小柄な方やお年を召された方は、お薬の効きが良すぎる場合があり、検査後なかなか目が覚めないこともありえます。

・基本的に検査後、お薬から覚めてくるまで院内でお休みいただきます。
鎮静剤を用いた場合、検査当日は車や自転車の運転はできませんので、あらかじめご了承頂きますようお願いいたします。

・鎮静剤の効き具合は個人差があるため、アルコールをよく飲まれる方は、効きが悪いことがあります。

・お薬の作用で、検査前から検査後のことを忘れてしまうことがあります。

 

胃カメラ検査のご予約、当日検査のお問い合わせ、お申し込みはお電話でも承ります。

TEL:0798-48-1171