ピロリ菌について

「ピロリ菌」という言葉をお聞きになられた方も多いと思います。ピロリ菌は通常幼少期より胃に住んで、炎症を起こします。長期間炎症が続くと、次第に胃の粘膜がやせ(萎縮)て、胃がんが発生しやすくなるというものです。他にも胃・十二指腸潰瘍や胃炎を繰り返し起こしたり、リンパ腫やじんましん等の要因になることもあります。

ピロリ菌の調べ方

当院では血液検査(抗体検査)または、尿素呼気試験という方法でピロリ菌をお調べいたします。
胃かいよう等の病気を発見された方は、医療保険でピロリ菌を調べたり、除菌治療を受けることができますが、当該の病気がない方は検査、除菌とも自費診療となります。